UPCOMING EVENTS

Japan

グローバル・サプライチェーンにおける責任ある労働慣行の実践と持続可能性向上

~タイにおける日本の自動車部品企業の事例~

Advancing Responsible Labour Practices and Sustainability in Global Supply Chains

- Learning from Japanese Vehicle Parts Companies in Thailand -

2021 年 2 月 4 日(木)13:00-15:30(日本時間)

オンラインセミナー(Zoom)(日英同時通訳付き)

4 February 2021 13:00-15:30 JST (GMT+9)

Webinar (Zoom with simultaneous translation)

 

「アジアにおける責任あるサプライチェーン」プロジェクトは、欧州連合(EU)が主に資金拠出し、EU、国際 労働機関(ILO)、経済開発協力機構(OECD)が共同で実施しています。日本、中国、ミャンマー、フ ィリピン、タイ、ベトナムの 6 か国で、持続可能で包摂的な成長の促進を目指し、ILO の多国籍企業及び 社会政策に関する原則の三者宣言(多国籍企業宣言)や OECD 多国籍企業指針等の国際的な文 書に沿った企業の方針策定や業務遂行を後押ししています。

本プロジェクトは、ILO 多国籍企業宣言の理念を実践して、多国籍企業がサプライチェーン上で影響力を 行使し、社会的責任ある労働慣行を促すことを奨励しており、日本自動車部品工業会(JAPIA)、ジェ トロ・アジア経済研究所(IDE-JETRO)と連携し、日本の自動車部品企業様の全面的協力の下、日タ イ両国でヒアリングを実施し、CSR に関する全社方針や取り組み、現場での好事例を収集しました。

サプライチェーン上での責任ある企業行動に関する国際的期待は高まっています。日本でも、2020 年 10 月に発表された「ビジネスと人権」に関する行動計画(NAP)では、国内外における責任ある企業行動の 促進により国際社会全体の人権の保護・促進に貢献することが目的とされ、好事例の普及はそのカギと いえます。また、COVID-19 が及ぼすサプライチェーンの労働面への影響も無視できない課題といえるでしょう。

本セミナーでは、調査結果を発表し、タイを中心としたアジアのサプライチェーンにおける日本の自動車部品 業界の役割を中心に、COVID-19 がサプライチェーンに及ぼす影響、NAP の実践・推進のための方策を議論 します。ステークホルダーが一堂に会した対話を通じて、経験を共有し、CSR に関する国際的な基準の遵守 を促進していけるような方法を見出すことを目指しています。

日本および海外でサステナビリティ、CSR、リスク管理、コンプライアンス、調達、人事労務管理、広報、法 務などの業務に携わる企業の皆様、労働組合、政府関係者、市民社会団体、研究者、この分野にご関 心をお持ちの多くの皆様のご参加を歓迎いたします。ご登録をお待ちしております。

The event is hosted by the Institute of Developing Economies – Japan External Trade Organization (IDE-JETRO) and the International Labour Organization (ILO), through its European Union (EU) funded Responsible Supply Chains in Asia (RSCA) programme and co-organised by the Japan Auto Parts Industries Association (JAPIA). It will be facilitated via zoom with English-Japanese simultaneous interpretation.

In this webinar, the Programme will present the results of a joint IDE-JETRO - ILO study in the vehicle parts sector in Thailand, consider identified good practices and practical recommendations for stakeholders from the study and discuss the role of the Japanese vehicle parts industry in the supply chains in Asia, especially in Thailand. It will also focus on the impact of COVID-19 on the supply chain, and measures to implement and promote the NAP to ensure alignment with international standards on CSR through a tripartite dialogue. Full details and a proposed agenda can be found below.

This webinar is open to companies, trade unions, governments, civil society organizations, researchers and those who are interested in sustainability and socially responsible practices across Asia.

CO-ORGANISERS

EU HQ Funded Logo Black.png

プログラム

 
 
Agenda
Agenda
For more information, please contact:
 
Ms. Shoko Shinohara
National Project Coordinator (Japan), 
Responsible Supply Chains in Asia Programme
shinohara@ilo.org